ホワイトコーヒー 初体験

いつもご覧いただきありがとうございます!

先日、人生初のホワイトコーヒーを体験しましたので、忘れないうちに

記録をしたいと思います。

※今回は写真がありません。申し訳ございません。

「ホワイトコーヒー」

超がつくほどの浅煎りで仕上げられた豆で淹れるコーヒーのこと。

※焙煎の過程で何らかの処理をするなど、いくつかの作り方があるようですが、

今回の豆の出所は不明です、、、

生豆は水分があるため緑がかっており、煎ることで水分を飛ばしていく過程で

色がついていくようです。

よく見るコーヒーはたいてい茶色、こげ茶、黒っぽい、などですが、今回の

豆は、!!!衝撃の「ピーナッツ色」(表現が稚拙です。。。)

これ、本当に淹れられるものなのかな、飲めるものなのか?と不安がいっぱい

ななか、先生がいつものごとくたててくださいました。

ペーパードリップで落ちてくる液体、ドリッパーの様子に違和感

たっぷり抱きっぱなしで終了。

この透き通った薄い茶系色、言われなければコーヒーとわからないと思います!

~茶とか言われても納得しそうです。

試飲、そのお味は?

香りは淹れる前と同様、アーモンドのような風味を感じます。

さてお味は、、、!!!苦味がゼロ!

ほのかな甘みを感じますが、「甘い飲み物」ではなく、初めて感じる味。

何かの薬膳系の飲み物だ、といわれたら信じてしまうくらい、コーヒーと

思えぬ味で、衝撃的でした、、、

お好きな方は病みつきになる味だとのお話でしたが、個人的にはこのまま

では厳しい、、、が正直な感想です。

これで終わり、と思ったら、今度はこの豆を使ったブレンドを試飲できる

ことに!(今回は超超超濃い授業でしたね)

そのブレンドの配合などは記載できませんし詳細不明ですが、とにかく

「ブレンド」とはこうあるべし!とうなずける内容でした。

先ほどのホワイトコーヒーで感じた甘味と独特な風味は残しつつ、

ブレンドした豆が程よく(いわゆる一般的なコーヒーのイメージに)

全体を慣らしてくれて、コーヒーの苦みとホワイトコーヒーの風味が

融合。

ブレンドの種類は無限にありますが、今回のようにそれぞれの長所が

うまくかみ合うブレンド、これをできるように将来目指したいな、、、

と痛感した1日でした。

スポンサードリンク

今後に向けて

まだ、焙煎の「ば」も知らないのですが、これから地道に勉強して

行く予定です。

基礎をしっかり学んだあと、無限の組み合わせの中で試行錯誤する世界。

厳しく、楽しく、終わりのない世界に足をふみいれて、道を究める。。。

改めて、わくわくさせられたいい時間でした。

ホワイトコーヒー初体験から、ブレンドの意義、コーヒーの世界は広深!

それでもモチベーションアップするということは、やっぱりハマったのです!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする