WordPressで503エラー発生!表示NG、アクセスNG!原因と対策は?

いつもご覧いただきありがとうございます!

発生の状況

午前中に記事を2件立て続けに作成、公開をしましたところ、どうもWordPress系

の画面表示が遅いな、、、という状況に直面。

WordPress画面で確認しようとすると、とうとう接続できない状況に陥りました。

表示される画面のメッセージは

「503エラー」アクセスが一時的に集中しています。時間をおいて、、、

そんな悠長には待っていられません。

Googleアナリティクスは正常に動作し、どうかんがえてもアクセス過多では

ありません。

※ほんの少しだけ、初の爆発!?(噂のバズる!?)と期待してしまった自分が

悲しい。

どうやら自爆でこのような事態になっているようなので、

・XサーバーWeb画面上でエラーログを採取し、内容を確認

※このログは毎日3時に更新される仕様!何かの時は、すぐにログを保管しましょう

・Web上で対策案を探す

を実施。ほどなく、ログのキーワードから

エラーログ側

「can’t apply process slot for・・・referer: https://happy-coffees.jp/(内部のサイト)」

アクセスログ側

「Pz-Linkcard」がやたら頻発し始めていることがわかる。

そしてWeb上で、プラグインの影響で503エラーが発生することがあるとの情報発見。

ただし、「環境による」⇒私の環境で成功するかわからん⇒決断を迫られます

対応方法

やります。

要は、怪しいプラグインを一つ一つしらみつぶしに止めては再開を進め、原因の

プラグインを特定する、という、なかなかの手作業。

しかも、やり方が、なかなか斬新。

Xサーバーの管理画面から進んでいき、プラグインのフォルダを表示、ここで

「フォルダ名を一時的に変更させて、プラグインを止める」

そんなんでいいんですか?

それで、恐る恐る、ログにあったPz-Linkcardのフォルダ名称を変更。

何も起こらない、、、

あ、自分でサイト見に行かないと、、、なんとあっさり回復。

原因は、私の環境では「Pz-Linkcard」プラグインでひとまず確定。

原因と今後に向けて

さて、原因がわかり、ひとまず止めることで503エラーは解消されました。

Pz-Linkcardはおすすめの情報として使っているもので、何とか使いたい、

ということで、苦肉の策を行う。

「使う場所を限定する」⇒目立つところは継続&新規で使い、

アクセス少ない記事は通常のリンクや基本機能を利用する。

として様子を見ることとしました。

ちなみに、プラグインのフォルダ名を変えた後の作業ですが、

WordPress管理画面上にPz-Linkcardのインストール後の状態まで残っており、

再度有効化することでOKです。

(Xサーバーパネルで操作したフォルダ名変更は元に戻っていました、、、)

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする