金武武の花火写真が超キレイ!経歴は?個展は?撮影テクニックは?ごごナマ

いつもご覧いただきありがとうございます!

今回は、NHKごごナマで花火写真家の

金武 武(かねたけ たけし)さんについて

放送されます!

前回のルーク・オザワさん

に続き、

幻想的な写真に目を奪われました!

気になって調べてみました!

スポンサードリンク

金武 武さんの経歴は?

金武武さんの経歴を紹介しますね。

1963年神奈川県横浜市生まれ。

17歳のときに花火の美しさに魅了され、

花火の勉強と写真を独学で学び始める。

30歳の時に花火写真家として独立。

写真展、イベント、雑誌、メディア

での発表を続け、近年では花火の

解説や講演会の依頼、写真教室での

指導が増えているそうです!

もちろん、花火の写真を撮るために

日本全国の花火大会の会場を飛び

回っているようです!

スポンサードリンク

花火写真の魅力は?魅力に取りつかれてなんと自作?

さて金武さんの作品の魅力は何でしょうか?

なんといっても動く花火を写真におさめて

その感動をずっと味わえる作品に

いることではないでしょうか。

花火によって最適なタイミングは異なる

ものの、その一瞬を逃さず残す。

そして、おそらく、事前に情報を持ったうえで

一番いいと思われる場所、構図をイメージして

撮影に臨む。

関連画像

この作品は、特にそれを感じさせるものだ

と思いますね!

また、金武さんは動画での花火の楽しみ方、撮影

方法についてもアドバイスをしているようです!

具体的なアドバイスや情報は機材メーカーや

各種ページで確認できそうです。

かいつまんでみると、

  • 三脚必須!
  • 機材の特徴を知って事前準備を怠らず!
  • マナーを守って楽しむ!

がポイントのようですね!

詳細が気になる方は、ぜひ!

そして、なんと、

「日本の花火の美しさ伝えたい」

の思いの究極といっていいでしょうか!

自分で花火を作って打ち上げるまでになりました!

との情報が!

過去の取材記事を引用しますと、

~~~

花火師は、日々新しい色にチャレンジしていて、

何気なく撮影すると、失敗に繋がります。

撮影に適した花火や、花火の特長を理解しない

と成功確率は上がりません。

花火と写真(カメラ)の両方を理解すれば、

花火師の想いのこもった色を切り取ることが

できる。

なので、一つの花火大会に3回は通ってから

撮影に臨むことにしています。

~~~

やはり、足を使って地道な活動が、感動を

うむ作品につながっているのですね!

スポンサードリンク

写真展や個展の情報は?

金武武さんの作品をもっと楽しみたい

場合は個展などが気になりますね。

直近では2019年6月に大阪で写真展が

開催されているようですね。

写真展だけでなく、撮影の講座

や写真撮影ツアーも開催されている

ようです!

これから梅雨が明ければ花火のシーズン!

番組での紹介やSNSの情報を楽しみに

したいと思います!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする