【ジョギング】アラフォー初心者に「雨という壁」が。続けるには?準備は?

いつもご覧いただきありがとうございます!

今回も、アラフォー初心者が挑戦するジョギング習慣化、

続報をお届けします!

季節は梅雨。

蒸し暑かったり雨の中走るのか?など走るのを

やめたい理由がたくさんありますね・・・

ちょうど雨が降るかも??という天気予報の中、ひとまず

勢いで走ってみた感想を!

スポンサードリンク

雨の中のジョギングはしていいものか?

雨が降ると、いつもと違った状態で走ることになりますが、

より具体的には、何がちがってくるのでしょう?

視界が悪い?

服が濡れる。体温調節が難しい?

足元が悪く、転倒の恐れがある?

ざっと、このくらいはイメージできそうです。

元々、「走るのが嫌い」な私。

走らない理由が素晴らしく並んでますね・・・

1日だけならともかく、梅雨時期でしばらく走らなかった

となったら、次の再開はハードルが高くなりますね。

どうすれば、少しでも不安なく走ることが出来そうか。

調べてみました!

スポンサードリンク

雨の中走るなら、どんな準備がいる?

まず、「視界が悪い?」から。

具体的には、

雨が降ることで目の周りが濡れて、見えづらくなる

がありそうですね。

この場合は、

つば付きの帽子(できれば専用で明るい色がいい)

目の周りを覆うサングラス

を着用することで、不快感を軽減できそうです。

私は、帽子は一般的なものを、サングラスは

ユニクロの1000円ちょっとのサングラスをいつも

着けているので、これで代用します。

次に、「服が濡れる。体温調節が難しい?」

について。

どうやら、先輩諸氏の情報だけでも、かなり重要だ

との情報です。

雨を直接受けることで、服が水分を余計に吸って

しまい、重くなる。

なるほど、、、「重くなる」までは完全に予想外。

そして、雨によって体温を奪われたり、逆に熱が

籠りやすくなるなど、いろいろとありそうです。

快適なジョギングにむけて、

「防水、透湿」機能を備えたウェアを着用

夏であれば、透明ゴミ袋をポンチョ代わりに着用

などは情報が出ていますね。

ちょっと思案し、結論!

(アラフォー)初心者なのでいつもと一緒でOKじゃ?

乱暴な結論のように見えますが、全部で5~10km

のジョギングやウォーキングという、

一般ランナーからすると軽い&短時間であるから、

初心者が変に気負うと続かんかな。

続けるのが大事です。うん。

スポンサードリンク

最後に、「足元が悪く、転倒の恐れがある?」

について。

これは、意外とあるようで、転倒することもあるとか。

特にマンホール。曲がり角。段差を上り下りするとき。

ありがちなのが、

水たまりをよけようとして、方向を急に変えようとしてツルッ!!!

普通にマンホールの上を走っていてツルッ!!!

マンホールって、意外と傾斜があるんですよね・・・

子供のころは、自転車でも何回かやらかしましたね。

とにかく、滑って転んでしまうと多少なりともケガ

をするし、テンションだだ下がりまちがいないので、

極力さけましょう!

スポンサードリンク

実際に走ってみて

さてさて、天気予報としては40~50%くらいの中、

どんより曇った空のもと、走っていた最中、夕立に

近い激しい雨に遭遇。

感想としては、

  • 顔(特に目の周り)が濡れるとウザい。
  • コンタクト着用しているので、特にウザい。
  • 服が体に張り付くと、ちょっとウザい。

が気になったくらい。

基本、雨の中走ると、ウザいことが増えるようだ。

結局、

顔の周りの予防策は大事!

服の濡れに対しては、長時間の走りでなければ、許容範囲。

季節によっては、涼しいかな。

たまたまの雨で、今後にむけていろいろ学べた日でした。

最後に、この日は5㎞ジョギング、3㎞歩く、で終了。

まずは、5㎞ジョギングを(気持ち的に)習慣化

させたいところです!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする