奈良の神鹿!?野生のシカに1年密着!ダーウィンが来た!

いつもご覧いただきありがとうございます!

ダーウィンが来た!「世界でも奈良だけ! 野生のシカ 古都に生きる」
2019年5月19日(日) NHK総合 19時30分~

で、「奈良県といえば、鹿」のことについて紹介されています。

先日、「害獣について」調べたことと関連がありそうです。

スポンサードリンク

奈良の神鹿とは

奈良県奈良市にある奈良公園とその周囲・山間部に生息するシカのことで、

1957年(昭和32年)に奈良市一円の鹿が、「奈良のシカ」として国の天然記念物に

指定されている野生動物です。

古くは、7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された『万葉集』に奈良の鹿の歌が詠まれ、

767年に建てられた春日大社の由来で、

主神の建御雷命(たけみかづちのみこと)が鹿島神宮から遷る際に白鹿に乗ってきた

とされ、神鹿(しんろく)と尊ばれるようになっています。

昔から保護の対象として大事に扱われてましたが、明治時代の施策や戦後の食糧難での密漁

などで一時的に数が激減するも、その後「奈良公園」一帯に1000頭程度生息。

観光客とのふれあいで有名です。

最新情報では、

奈良公園一帯に約1200頭

奈良公園外の都祁地区、月ヶ瀬地区以外の奈良市山間部にも約4000頭が生息

しているようです。

スポンサードリンク

鹿は害獣扱いじゃなかった!?

この奈良の鹿は、日本で広く生息している種類と変わらず、文化財保護委員会の規定

では、「奈良公園及びその周辺に生息している人馴れしたシカ」として、天然記念物

に指定されています

ざっくりした表現、範囲なので、さらに詳しく調べたところ、鹿の生息域を

平坦部を中心とする奈良公園(A)

春日山原始林など公園山林部(B)

その双方の周辺地域(C)

その他地域(D)

の4つに区分し、

AB地区のシカは保護する

CD地区のシカは一定のルールの下、捕獲(駆除を含む)できる(※CD地区は農地がある)

と分けられています。

スポンサードリンク

さらに、

ABC地区のシカは、指導基準等が適用、文化財保護委員会の規定や判例の旧来の人馴れ基準

に関係なく全ての鹿が保護管理される対象となる天然記念物だとされ、

D地区のシカは従来のまま公園周辺に生息する人馴れした鹿天然記念物

と、これまでの歴史と利害関係の結果、上記で設定されているようです。

現在は、生息エリア(と人間慣れしているか)で同じ種類のシカでも区別されるのですね。

鹿にとっては、紙一重じゃないでしょうか!?

スポンサードリンク

奈良の鹿の今

そのような中、奈良公園一帯地域の被害も増えており、最新では2017年8月から頭数調整

のための捕獲事業を開始。

合わせて奈良公園一帯のシカに対しては、「野生」でありながらも、「奈良の鹿愛護会」

によって24時間体制で見守られ、保護されている。

どうやら、鹿の保護と農業被害抑制のための施策は新たな段階に入っているようです。

土地勘のない私から(観光客目線)で見ると、

「歴史と人間が作った環境に左右される神鹿」になるようで、何とも言い難い感情を

持ってしまいます。

奈良のシカの保護と対策については、現在進行形な部分があるようですので、

今後も折を見て調べてみたいと思います!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする