麻婆春雨生みの親!能登原隆史氏 永谷園の「ぶらぶら社員制度」とは!?アイデアの方程式

いつもご覧いただきありがとうございます!

アイデアの方程式「麻婆春雨の方程式」
2019年5月16日(木) テレビ東京 21時54分~

で、「麻婆春雨の方程式」として、開発秘話が放送されます。

麻婆春雨の生みの親ともいうべき、永谷園と開発担当した能登原隆史さんの

エピソードをいつものように、さらっと紹介します!

スポンサードリンク

麻婆春雨は日本生まれ!?

なんと、麻婆春雨は日本で産まれた食べ物で、中華料理としてはないものだとか。

「麻婆」の言葉で完全に中華料理であると思い込み、ノーマークでした。

ほかの「麻婆」はどうだろうか?

どうやら、「麻婆豆腐」「麻婆茄子」は中華料理としてあるようですね。

麻婆春雨といえば、あのCMが有名ですよね。

子供時代によく食卓に出てましたね~という世代。

さて、いろいろ調べてみたら、ちょっとおもしろい開発エピソードが

あるようですので、紹介しますね!

スポンサードリンク

永谷園の「ぶらぶら社員制度」とは!?

1979年、大手食品メーカーの永谷園が行った社内制度のことで、

2年間で結果(新商品)を出すこと」のみを条件に、

出社せずに時間を自由に使い、

経費も制限無しで自由にやれ

というもの。

永谷嘉男社長(当時)が企画部の社員である能登原隆史さんに特命として

正式に辞令を出したそうです。

能登原隆史さんは、同社の「あさげ」開発プロジェクトリーダーを

担当するなど、社長も一目置く人材だったようです。

開発に入って当初は、スケジュール表などを作って社長に提出などしていたが、

それではいいものは作れない、と却下。

本当に自由に世界各国を食べ歩く状態に。

この、何でも自由にやれ!という指示は、好き勝手出来るのでいいかな

などと思うのは、ちょっとちがうかな~

「2年で結果を出す」という制限が高いハードルとして、凄まじいプレッシャー

だったのではないかと想像します、、、

そして、どうやら期限ぎりぎりまでアイデアが決まらなかったようです。

スポンサードリンク

誕生、麻婆春雨!

そんなさなか、ふと立ち寄って食べていた食事から、

中華スープ、春雨が合うのでは!?

とのひらめきから、一気に開発が加速!

色々な具材を検討したのち、現在の「永谷園の麻婆春雨」が完成します。

そして、1981年(昭和56年)11月から九州地方で先行発売、月商1億円の売上を達成!

以降、西日本、信越まで販売地域を拡大し、1983年(昭和58年)には和田アキ子さん

のCM「永谷園の麻婆春雨♪」で爆発的ヒットし年売上7億へ!

1997年(平成9年)には年30億円の売り上げを達成するなど、ゆるぎない地位を得る

までに至ります。

この時のノウハウが、後の『チャーハンの素』や『すし太郎』の開発にも用いられて

いるそうです!

スポンサードリンク

なお、麻婆春雨の大ヒットを受け、「ぶらぶら社員制度」に似た制度をいくつかの企業

が導入しています。

(永谷園自身は一旦中止した後、2001年に本制度を復活させたが、半年で取りやめた

ようです)

これは、なかなか人を選ぶ制度だったのかな、と思いますね。

永谷園の公式サイトにも、漫画形式でエピソードがありますので、

ぜひそちらもご覧ください!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする