運動神経は大人でも良くなる!?脳へ刺激を内藤栄一さんが解説!又吉直樹のヘウレーカ!

いつもご覧いただきありがとうございます!

「あいつ、運動神経いいよな、いいな~スポーツ万能で」とか、

「ごめん、俺無理!運動神経ないから」とか、

言ったことありませんか?

そんな疑問にこたえてくれそうな内容です。

又吉直樹のヘウレーカ!「“運動神経”って良くなりますか?」
2019年5月15日(水) NHKEテレ 22時00分~

の放送で、又吉さんと研究者の内藤栄一さんが、

運動神経が大人になっても良くなるのか!?

について紹介しています。

スポンサードリンク

運動神経がいいって生まれつき?

「あいつ、運動神経いいよな、いいな~スポーツ万能で」とか、

「ごめん、俺無理!運動神経ないから」とか、

今も言っています、、、

ただ、「そもそも運動神経がいい、悪い」とは何なのか!?

これって、〇〇ができる、上手だ、などの、一定の動きをイメージ通りに

できるかどうか、なのではないでしょうか。

となると、

「体をイメージ通りに動かす」ようにするにはどうしたらいいか

生まれつきで決まるのか

気になりますよね!?

大人になっても良くなる!?そのカギは脳へ刺激!?

朗報です!?

実は、(最新の研究などを参考にしますと)結論、よくできるのだとか!?

そのためには、

運動のイメージをたくさん行うこと(小さいころからが望ましいかもしれない)

脳へ外部から刺激を与えること(微弱な刺激でも)

で、脳の運動制御に使う重要な部分が活性化して、運動能力が増す方向に向かう

とのことです!

(能力が頭打ちになった状態をさらに向上させられるとの研究結果がありました!)

スポンサードリンク

脳に錯覚させる!?

この、脳への刺激については、もう一つ切り口があるようで、なんと

「脳に錯覚させる!?」

どういうことでしょうか、騙すんでしょうか!?

内藤栄一さんの研究によると、

~~~

脳は運動している感覚を、筋肉の収縮を感知する筋紡錘から得ており、

この性質を利用し、筋紡錘にバイブレーターなどで一定の振動を与えて

脳に「運動している」と錯覚させることで、運動野などの運動中枢を

活性化できる。

~~~

というものだそうで、これを利用して、効率的なリハビリテーションを行う

方法を研究されています

※けがなどで手や足を物理的に動かせなくとも脳の運動野を活性化させることで、

“脳が動かし方を忘れてしまう”という状況を改善することが可能になる

う~ん、すごすぎます!?

そして、この方法はごく簡単な装置(バイブレーションなど)があれば、可能

であるようで、すでに臨床試験に入っているようです。

スポンサードリンク

まとめ

番組内で、内藤栄一さんが「運動神経はあきらめなければ必ず伸びる」と力強い

コメントをされています!

又吉さんがどのくらい運動神経が良くなるのか、合わせて楽しみですね!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする