カリタ電動ミル ナイスカットG

今回は、購入した電動ミルの詳細画像や使用感などを

レビューいたします!

「品名」

カリタ 電動コーヒーミル ナイスカットG クラシックアイアン

「おすすめ度」

星4つ★★★★☆

スポンサードリンク

「レビュー」

・外観、質感

上記写真のように、クラシックアイアンという色は「金属系の緑」といった具合です。

ミルの中央部分は金属で、上部の豆受け部と土台部分の表面はプラスチック。

片手でひょいっと持てる重量、インテリアとしても十分映えると思います。

付属品のカップは、写真のようにロゴ入りです。洗うときは優しく丁寧に、気をつけてます。

オンオフスイッチはこちらです。(丸い部分はヒューズ)

豆を挽く際の音は、個人的にはややおおきいかな?と思います。

コーヒー淹れるぞ!という雰囲気がでて風情があるかな!?と、いい方に解釈しています。

・粗さの調整

上記ダイヤル部分で調整できます。0.5刻みで1(細)~8(荒)まで可能です。

私は、家庭でペーパードリップメイン使用のため、「3.5(中挽き)」でほぼ固定です。

・メンテナンスや清掃

のように、豆受けはスポッと外せます。

豆受けは、深煎り豆などを頻繫に扱えば油分が付着しがちですので、

こまめに清掃できます。

また、

下からの画像ですが、挽いた豆の出口付近に粉が付着しがちです。(画像中央やや右の穴)

付属ブラシがありますので、こまめに取り除けます。

※なお、説明書ではさらに内部分解できるようですので、念入りな清掃をした際に

改めてレビューします。

スポンサードリンク

・その他

これまで使用して、不具合は一切なく、安定しています。

本当であれば、豆の煎り具合に応じて専用ミルを用意したほうが豆が混じらない

のでよいと思いますが、あくまで個人使用ですので、割り切っています。

一応、豆を変えるときは、ほんの少しだけ空回しをして残ったものは極力捨ててます。

なお、おすすめ度の部分について、☆ー1の理由としては

残粉の処理(静電気対策がないため、都度清掃か独自対応が必要)

だけです。

一生もの、に近い感覚で購入しましたので、末永く大事に使えるようメンテしていきます!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする