コーヒーの効果 病気予防の効果はあるか!?簡単にまとめてみました!

いつもご覧いただきありがとうございます!

コーヒーの効能について本当に様々なものがありそうです。

今回は「コーヒーと病気予防」について、まとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

コーヒーで予防が期待できる病気

現在も研究が続けられている前提ですが、下記の病気の予防が期待

できるとの結果が出ているそうです。

動脈硬化、血栓、肝がん、肝硬変、脂肪肝、2型糖尿病、子宮体がん、

心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患

ちょっと調べただけでも、種類がたくさんあり、驚きました!

全体的に、血管周り、がんの一部、などは素人目にも効果ありそうだ、と

見分けられますね。

なぜ予防が期待できるの?

病気予防に期待できる理由として、コーヒーに含まれる成分の中で、

特に「クロロゲン酸」、「カフェイン」の特性によるもの、といわれています。

・クロロゲン酸

ポリフェノールの一種で、コーヒーポリフェノールや3-カフェオイルキナ酸

とも呼ばれています。

このポリフェノールは種類が複数ありますが、総じて抗酸化作用が強いという

特長があります。

※抗酸化作用とは、体内で増えた活性酸素(体の錆の原因)を抑制したり、

酸化力を抑えたり、することによって、酸化を抑えること(体の中の錆を取り除くこと)

この特徴により、抗炎症作用、血糖値の改善、血圧を調整する効果があるといわれて

います!

また、脂肪の分解吸収を抑える効果があり、脂肪肝、動脈硬化、血栓予防の効果がある

いわれています!

※ちなみに、クロロゲン酸は、コーヒー豆の中から初めて発見された成分です。

・カフェイン

皆さんご存知のカフェインですが、中枢神経を興奮させることによる覚醒作用、

強心作用、皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用など、さまざまな効果が

ありますね。

これらの作用をもとに、

血管内皮の機能を改善、気管支拡張作用による呼吸器機能の改善効果

があるといわれています。

なかなかの万能飲料のように見えます!

ただし、それぞれの成分にはメリット、デメリットがありますので、どれだけでも

摂取してよい、とはいきません。

スポンサードリンク

どのくらい飲めばいいの?

各種研究成果から、おおよそ1日3杯くらいまでの摂取であれば、さまざまな

病気予防に効果が期待できると思われます。

それ以上の摂取は、成分のデメリット部分があらわれる可能性がありそうですね

もちろん個人差があると思いますので、ほどほどがよろしいかと思います。

また、コーヒーと一緒に砂糖などを摂取してしまうと、別の要素が加わって

くると思われますので、糖分はほどほどに!

まとめ

1日2~3杯のコーヒーは、病気予防に効果が期待できそうであるといえそうですね1

最新の研究では、この効果のあらわれ方が各人ごとのDNAレベルの情報によって

変わるようだということで、最新の研究からも目が離せませんね。

 シェアしよう!~コーヒーでも飲みながら~
シェアしよう!~コーヒーでも飲みながら~
https://happy-coffees.jp/coffee-efficacy-576
☆ホットな話題、日常の気づき、疑問点を皆さんにシェアしていきます☆

今後も、サクッとまとめた情報をお届けしていきたいと思います!

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする