ペーパードリップ修練~安定か?~

以前のブログ更新から半年以上あいてしまいましたが、スクール通学と

家庭でドリップすることはほぼ欠かさずやってきました。

家庭では

カリタ大→ハリオトルネード02(大)→ハリオトルネード01(小)

と、スクールでの進捗(指導順)に合わせつつ、たまにカリタに戻りながら

ほぼ毎日1回は淹れるようにしてきました。

======

・湯温は85度で統一

・豆は直前に中細挽きで統一

・湯沸かしから完了まで10分

======

を条件としていました。

※豆の種類は同一物のみ、とは諸事情により(経済的…です)でき

ませんでしたので、その時購入できる良いものを

・主に先生から購入

・各地の豆販売のお店で購入(できるだけ同じ焙煎度のもの)

をできる限り守るように

======

そして、「つい数か月前くらいに、ようやく『自分なりの型』ができてきたように思います。

【理由】

・豆について、挽く前から抽出後まで、豆の香りが残るようになった

・抽出液(コーヒー)に香りが立ち、ほぼ同じ味を再現できるように

なった(と感じてます)

・抽出後の最後の液に雑味を感じなくなった

 →抽出後のドリッパーから出た液を試し飲み

・一連の動作に違和感を覚えることなく、不安になることなく、自然と

作業ができるようになり、より気持ちを込められるようになった

と勝手ながら思っています。

結局のところ、何が完成なのかはわからないのですが、

飲んでくれた人(自分でも)がおいしい!と言ってくれるものを

作ることができればよいのかな、と思いつつ、

ふと、先日のNHKスペシャルのイチロー選手番組のフレーズを

思い出しました。

「残酷だけど、バッティングに完成形はない、だから、もっと追求する」

(ちょっとこじつけですか…)

要は、終わりはない!

精進します!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする