荒木直美 婚活コーディネーターその経歴は!?セブンルール

いつもご覧いただきありがとうございます!

今回は、フジテレビで放送される

セブンルール

【カップル1200組誕生!応募殺到

イベントの婚活コーディネーター】

2019年6月4日(火) 23時00分~

にて、荒木直美さんが紹介されています!

スポンサードリンク

荒木直美さんの経歴と婚活コーディネーター誕生!

荒木直美さんの経歴を紹介しますね!

出身は長崎県 佐世保市で、高校卒業後に

上京し「はとバス」のバスガイドになる。

そこで、大学生のアルバイト添乗員だった

現在の夫と知り合い、28歳で結婚。

その後、夫の故郷・熊本に移住し、地元

テレビ局のリポーターや、婚活パーティー

の司会をスタートさせます。

ここで、今回のキーワードである、

「婚活コーディネーター」の誕生のきっかけになる

エピソードを発見!

東京で『はとバス』のガイドを5年間した後、

故郷の長崎にもどり「ハウステンボス」

でイベント司会をしていた20歳代に、

よく合コンを企画していたとの情報。

そして、結婚して夫の地元の熊本に来ても

司会業するなかで、約20年前に

婚活パーティーの話が来て『これって私の天職だ』

と気付いたんです。

今では『歩くパワースポット』

『婚活界の松岡修造』

『結果にコミットする女』

など、そのパワーで数々のカップルを成立

させているようです!

スポンサードリンク

実績1200組!!

これまでの実績はなんと1200組以上!!!

そして 成功率5割!!

そのパワーおそるべしなのですが、もちろん

荒木さんのこだわりの上で成り立ったこと。

それは、

「場所」「人数」「男女別に事前のレクチャー」

「時間とイベントの配分」、

そして「草食系男子へのフォロー」。

中でも『婚活界の松岡修造』をほうふつと

させるものが、

婚活が終わった翌日に『あの人が良かったから

連絡先を知りたい』というニーズには

絶対NG。

参加者には『明日やろうは、バカヤロウ

と復唱させます。

『職場で男は女の尻を追えないし、女はぶりっ子

したら嫌われるだろ。でも婚活イベントはそれが

堂々とできるんだから』が理由。

しかしながら、アフターフォローも万全。

その積み重ねで、結婚式の披露宴や結納の

席にも呼ばれることもあるそうです!

荒木さんの婚活コーディネーターとしての

こだわりを列挙すると、

※2017/11/18 西日本新聞より引用

「婚活は戦いだ」「女性の『恋愛対象圏』

に入るための武器は笑顔だ」

「婚活の恥はかきすて」

「婚活は、モテない男女が集まる場所じゃない」

「婚活は自分に入れる活だ」

「婚活は1人で行って2人で帰るもの」

そして、明日やろうは、バカヤロウ

参加者に対しての要求も厳しいですが・・・

愛情のある厳しさ!と思います。

言葉だけ並べると強烈ですが、まさに

松岡修造さんのような、超熱血漢のいいひと!

スポンサードリンク

その他の活動は!?

婚活コーディネーターとしての活動と合わせて、

主に熊本を中心として

テレビリポーター、ラジオパーソナリティー、

ライター、司会業、などをされていますね。

地元のタレントなどと組んでいろんな活動も

していますので、本当にパワフルな方です!

確か、「こそだてがかり」だったと思いますが、

コンビで活動もしていますね。

お読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする